最新情報その1

二次面接対策講座11月7日開講!(11月4~7日無料体験受講)

2007年より合格者をだしつづけてきた当道場では、11月7日から以下の通りで極めて実践的な二次面接対策講座の後半をお送りいたします。

1 講座内容

通訳稽古
事前に日本文化や社会に関するテーマが満載の当道場オリジナルテキストを課題として熟読します。授業では講師がそれをもとにした文章を 20 秒程度朗読しますので、メモを取ったうえで通訳していただきます。
スピーチ稽古
上記のオリジナルテキストのテーマに関する質問を選んでいただき、スピーチ準備をし、二分間スピーチしていただきます。発音や文法、内容に関する講評はもちろん、文章の組み立て方などもご指導いたします。
ガイド実務に即した質疑応答稽古
上記の二項目は準備時間がありますが、質疑応答は完全にアドリブです。当講座では反射的に結論から述べ、具体例などを挙げる訓練などを繰り返すことで、効果的な質疑応答ができるように訓練いたします。

カリキュラム・学費・テキストなど、詳細はこちらまで。

最新情報その2

二次面接・地理・歴史・一般常識は
無料オンラインサロン
「名作歩き」始まります!



・二次面接のプレゼンの内容を豊かにしたい方
・来年の地理、歴史、一般常識試験のために頑張る方
・読んだことなくても日本の名著に関心がある方。
・試験対策中に気になった場所を歩きたい方。
・外国人目線での「日本」を魅力を探求したい方…
→こんな方々は日本の津々浦々、「日本のこころ」を求めて歩き回った旅人と歩こう!

11月4日(木)22時「代表的日本人」内村鑑三
11月11日(木)22時「知られぬ日本の面影」「怪談」小泉八雲
11月18日(木)22時「枕草子」清少納言
11月25 日(木)22時「こころ」他 夏目漱石

※3月末までのスケジュールはこちらをご覧ください。
パーソナリティ:英中韓通訳案内士 高田直志
日時:毎週木曜の22時から22時40分(無料)

続きを見る


21:55~ zoomでログイン(ミュート)
22:00 旅人による名著紹介
22:10 旅先の出身者と旅人による「地元よもやま話」
22:20 視聴者からの質問コーナー(発言者はミュート解除)
22:30~40 終了

視聴・参加するには…
対象:通訳案内士試験を受験される、または本試験に関心のある全ての方。
事前にこちらからご登録ください。(登録・視聴は無料です。)
https://secure02.red.shared-server.net/www.guideshiken.info/?page_id=109
開始時間の直前に、LINEまたはメールでzoomのURLをお知らせします。

注:
・当企画は「対策講座」ではなく、受験生が「聞いてためになる休憩時間」を提供します。
・視聴者の方にも旅人または地元民として、お話をシェアしていただきます。
・「旅に出たくなる地図」(帝国書院)や「詳説日本史図録」(山川出版社)があればなお楽しめます。
・お盆と年末年始を除き、毎週木曜夜にお届けいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
パーソナリティ 旅人・高田直志について
株式会社とらい通訳案内士試験道場代表
(社)日本中国語通訳案内士協会 CGA理事
2007年の創設以来、延べ354人の通訳案内士を輩出。
また、通訳案内士試験に頻出の場所を、2010年以来歩き倒す。
2020年4月より毎月姉妹講座「日本のこころ」で日本の名著を取り上げ、紀行文を書き上げ、英中韓国語に訳し続ける。

著書
「全国通訳案内士試験 地理、歴史、一般常識、実務直前対策」
「全国通訳案内士試験 一般常識問題集」
「全国通訳案内士試験 地理、歴史、実務問題集」
「英語でガイドする関東の観光名所10選」
「中国語でガイドする関東の観光名所10選」以上語研
「英語と一緒に学ぶ中国語」ベレ出版

「地元」の変遷
先祖 奥出雲西比田のムラゲ(たたら師)
出生地:中国雲南(0歳)※中国地方島根県雲南市
→大阪府京阪本線沿線(18歳)
→中国吉林省延辺朝鮮族自治州(22歳)
→沖縄県やんばる(25歳)
→️山陰【島根⇔鳥取】(26歳)
→埼玉県東武東上線沿線(34歳)
→東京都中央線沿線(35歳)
→東京の下町(36歳)
→茨城県常磐線沿線(48歳) 

職歴
名護日本語学校講師
駿台トラベル&ホテル専門学校国際専科講師
観光庁新たな通訳案内士制度のあり方に関する検討会委員
香川せとうち地域通訳案内士講師(韓国語)
‍埼玉県おもてなし通訳案内士講師(韓国語)
観光庁 地域の観光人材のインバウンド対応能力の強化に向けた講師派遣事業 指導員

皆様のご視聴をお待ちしております。

続きを閉じる

最新情報その3 通訳案内士試験には合格したけれど、または1次試験の語学は免除だけれど「日本」を語る自信がない方に最適!
日本の古典を英中韓国語に訳す講座「日本のこころ」

紫式部が、清少納言が、芭蕉や宮沢賢治らが教えてくれる日本
武士道が、能楽が、茶道が、俳句が語ってくれる日本
「日本のこころ」を訳し、語る―オンライン通訳案内士講座
通訳案内士試験では2015年以前の英語および2019年以前の中国語、韓国語では必須とされてきた、日本的事象を受験言語に翻訳したり、説明したりする科目がなくなりました。そして英語ならTOEIC,中国語ならHSK,韓国語ならTOPIKなど、日本語と各言語の比較を考察しなくてもよい試験で語学受験を免除されるようになりました。つまり日本文化を外国語でどのように表現するかという一大問題と格闘しなくても合格できるようになったのです。

続きを見る

 その結果、日本を外国語で説明できない、訳せない通訳案内士が激増したと考えられます。
 当道場では時代の潮流とは別に、本来の通訳案内士としてあるべき、「日本のこころを外国語に訳し、語れる人材」育成に着手し、この講座を開講いたしました。
 二次面接の対策として、合格後のブラッシュアップとして、そしてなによりも日本の古典に触れ、そのこころに触れたい方、ぜひとも無料体験講座にご参加ください。
5月「方丈記」の課題はこちら


続きを閉じる

最新情報その4

2020年度合格者延べ16名達成!(英8名/中6名/韓2名)

続きを見る


2020年度、当道場で学ばれた方のうち、延べ16名の合格者がでました。
2007年の創設以来、おかげさまで合計延べ354名の合格者を輩出することができました。
当道場は1000名の合格者を輩出することを目標として、今後も精進してまいります。
なお、㈱とらい 通訳案内士試験道場 代表取締役高田直志は、英中韓通訳案内士資格を取得したマルチリンガル案内士です。
英中韓の受験者のみならず、地理・歴史・一般常識・実務コースにおいては、それ以外の外国語の受験者の方のご入門も歓迎いたします。
また、特に、複数言語の受験に関心がある方はぜひともお問い合わせください。

続きを閉じる

2018年より、通訳案内士試験が劇的に変化します。当道場では従来型の授業を一新し、その変化に応じた学習を提唱します。

①動画による受講

いつでもどこでも学べるように、基礎事項の確認は動画で配信しております。地方にお住まいの方や、育児、介護などで出席が難しい方でもご受講いただけます。また、中国語と韓国語も授業に参加していただけなかった方のために、動画配信をしております。

②ゼミとブログ

基礎事項を動画で確認したら、問題意識を持って課題に取り組み、各自の考えをゼミで発表し、フィードバックを得ます。それをもとに受験言語で専用ブログにて意見やプランを発表していただきます。これによってより広く深い知識を獲得し、二次面接に必要な思考力とプレゼン能力も身につきます。

③当道場にあうタイプ

・通訳案内士等インバウンドの仕事に興味がある。
・語学だけでなく日本の文化や社会に興味がある。
・勉強だけでなく人と交流することが好き。
以上に一つでも該当するならぜひともご体験ください。

通訳案内士および当道場について


「通訳案内士」という職業をごぞんじですか?観光地などで海外からのお客様を外国語でガイドし、日本を世界の人々に紹介することが基本ですが、そのほかにも円滑な旅程管理能力や、時には通訳・翻訳能力など総合的な能力が求められるのが通訳案内士の仕事です。


2018年よりこの資格がなくとも合法的に有償でガイディングができるようになりました。つまり日本に関する知識や語学能力がなくても有償で「案内」できるようになりました。一方で3000万人に迫ろうとする訪日客のうち、真の意味で日本のことを理解しようとする外国の方々に、日本に関する体系的な知識に裏打ちされた情報をもって日本を紹介できる人材を目指すならば、観光庁の「通訳案内士試験」に合格することが先決です。試験内容は日本語と外国語(中国語・韓国語等10言語)のほかに、日本の地理、歴史、一般常識、通訳案内士の実務まであり、幅広い勉強が必要です。


2020年東京オリンピック開催はわずか数週間のイベントです。その先を見据え、訪日客を満足させる体制をつくるに伴い、有資格にしてかつ有能な通訳案内士が必要とされています。 当道場は、この試験に合格することを目標に、日本について広く深い知識をもち、さらに外国語で日本を紹介できる人材を育成するために創られました。そして2007年以来、英中韓仏西語あわせて延べ230名の通訳案内士を輩出してきました。

講師紹介

高田直志

1971年出雲國出身。関西外国語大学英米語学科卒業後、中国吉林省延辺大学に留学。
現地の高校や日本国内の日本語学校で中国語や朝鮮語を母語とする学習者への日本語教育を担当。その後通訳案内業試験(中国語・朝鮮語・英語)を独学で取得。2007 年1 月から通訳案内士試験道場を運営。
・観光庁「新たな通訳案内士制度のあり方に関する検討会」委員。
・中国語通訳案内士会(CGO)幹事
・全日本韓国語通訳案内士会(KGO)代表幹事
・駿台トラベル&ホテル専門学校国際観光専科通訳ガイドコース講師
・株式会社とらい代表取締役
著書(共著):「通訳案内士試験 地理・歴史・一般常識 直前対策」語研
「英語でガイドする関東の観光名所10選」語研
「英語と一緒に学ぶ中国語」ベレ出版
「職場体験完全ガイド 外国語にかかわる仕事」ポプラ社

通訳案内士の利点

通訳案内士の資格を取ると、通訳案内士として活躍する以外にも以下のような多くの利点があります。

自営業者になる際の肩書き
自称「通訳」山田弘子、という名刺よりも「国土交通省認可 東京都第○○号通訳案内士 山田弘子」のほうが客観的な能力証明があり信頼性が高いことでしょう。
有能な人たちとの交流
この試験を突破した人の多くが、この資格を生かして社会で活躍しています。各方面の有能な人からも最低限の通訳案内能力を持つ人材と認識されることでしょう。
生涯学習の一環として
この試験に受かるには、翻訳能力や総合的なコミュニケーション能力、日本文化や社会、地理や歴史に関する幅広い教養が必要とされ、合格後も生涯教育として学び続けることで新しい自分になること請け合いです。

行き方

A 西日暮里駅から700m(地下鉄西日暮里駅は3番出口)。駅を出て西日暮里五丁目の交差点で「餃子の王将」と焼肉屋「aging beef」の間の道(道潅山通り)をまっすぐ650mほど歩く。途中、ファミリーレストランガスト、西日暮里郵便局を過ぎて「肉のきたじま」を左折する。20mほど行った突き当りを右折し、さらに10mほど行って最初の2mほどの道を左折すると左手に見える建物。

B 三河島駅(JR常磐線)から600m。駅出口を左折し、250mほど歩く。途中関川病院、スーパーマルエツを過ぎて焼肉屋「ドヤジ」を左折する(道潅山通り)。200m進んでガソリンスタンド「コスモ石油」で右斜めの道を入り、100mほど進んで右手にある2mほどの道を右折すると左手に見える建物。

C 新三河島駅(京成本線)から300m。駅前を右折し、20mほどでパチンコMITOYA手前の小鳩商店街を右折する。200mほど歩き、ガソリンスタンド「コスモ石油」を右折する。コスモ石油をすぎたらすぐに右斜めの道を入り、100mほど進んで右手にある2mほどの道を右折すると左手に見える建物。


より大きな地図で 通訳案内士試験道場 を表示