HOME > 英中韓 二次面接対策講座

英中韓 二次面接対策講座

二次面接について

二次面接は以下の手順で行われます。


面接官が日本語で20秒ほど話した内容をメモして外国語に通訳し、質問に答える。
日本紹介に関するお題が書かれているカードを見て、そのテーマに関するスピーチを二分間外国語で行う。
スピーチに関する質疑応答を外国語で行う。

二次面接対策

これに対し、当道場では以下の通り対策講座を開きます。なお、テキストは一次試験で使用したものを使用します。(2018年度二次対策講座は2018年9月末に始まります)


英中韓通訳稽古
事前に日本文化や社会に関するテーマが満載の当道場オリジナルテキストを毎週24ページ程度課題として熟読し、授業では講師がそれを20秒程度朗読しますので、メモを取ったうえで通訳していただきます。
英中韓スピーチ稽古
上記のオリジナルテキストのテーマに関する質問を選んでいただき、スピーチ準備をし、二分間スピーチしていただきます。発音や文法、内容に関する講評はもちろん、文章の組み立て方などもご指導いたします。
質疑応答稽古
上記の二項目は準備時間がありますが、質疑応答は完全にアドリブです。当講座では反射的に結論から延べ、具体例などを挙げる訓練などを繰り返すことで、効果的な質疑応答ができるように訓練いたします。

大江戸冬の陣(後半)!

11月9日から12月2日まで、英語、中国語、韓国語の二次面接対策講座(「大江戸冬の陣(後半)!」)を開催いたします。
詳細はこちらまで。